「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」・第1回あらすじ:菅野美穂主演!「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」・第1回あらすじ

キイナ不可能犯罪捜査官〜」・第1回あらすじ(2009年1月21日放送)

変死体が見つかったという報告を受け、警視庁捜査一課の新人捜査官、山崎タケル(平岡祐太)は、係長、雅一馬(沢村一樹)と現場に向かった。
それはおびただしい林の中で、女性の変死体はうつ伏せの状態で周辺には、何故か沢山の魚が落ちているのだった。
魚が空から降ってきたという第一発見者の作業員の証言に捜査官、津田明彦(金田明夫)と服部浩二(東根作寿英)は、不可解な印象を受ける。
死因は頭部損傷による脳挫傷のようだ。
そこに女性捜査官の春瀬キイナ菅野美穂)が登場する。
キイナは、魚が傷だらけなのを見ただけで、これは海で発生した竜巻に運ばれたものだと分析し、さらに死体を検証したキイナは、女性の死因をも推理するのだが、検死の結果は、キイナが推理したとおりだった。
キャリア組でありながら現場捜査官志望のタケルは、管理官の御手洗修司(草刈正雄)に事件の顛末を報告するが、御手洗はタケルに、現在キイナだけの特別班、通称「ベッパン」に入るようにと言う。
タケルは、その「ベッパン」が不思議な事件ばかりを担当する部署だと知りグチをこぼすのだった。
一方、キイナは、情報管理担当の遠藤桜(小池栄子)からある連絡を受ける。
それは夢で殺人現場を見たという、半年前に心臓移植手術を受けた幸田絢香(白石美帆)という女性のことだった。
絢香は心臓移植の後、その心臓のドナーが突き落とされる夢を何度も見ると言い、それは「心臓」が誰かに殺されたこと自分に伝えようとしているのだから是非犯人を捕まえてくれと訴えるのだった。
そして絢香は、今まで嫌いだったハンバーグが好きになった、知らないアニメソングを口ずさむようになった、「パラッチョ」という意味不明の言葉が浮かぶようになった、と言う。
キイナは、絢香の頭に浮かんだ「公園の絵」をたよりに調査を始める!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。