「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」・第4回あらすじ:菅野美穂主演!「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」のドラマ情報



スポンサードリンク

ドラマ「キイナ〜不可能犯罪捜査官〜」・第4回あらすじ

キイナ不可能犯罪捜査官〜第4回あらすじ・2009年2月11日放送

キイナ菅野美穂)の同僚、桜(小池栄子)の高校時代からの親友、高原美和子(黒坂真美)が 「奇跡の占い」で人気の占術師、星宮麗香(南野陽子)の占いで運命の人と出会い、近々結婚することになった。
それを聞いたキイナ菅野美穂)は、同僚のタケル(平岡祐太)と一緒に占いの館で行われるテレビ番組の収録に、桜について行くことにした。
キイナは、その会場で麗香に指名され、自分の性格や真一郎(塚地武雅)に好意を持っていることを言い当てられてしまい舞い上がるのだった。
しかし、本番終了後、麗香に占ってもらった桜は、身近な人に死が近づいている、純白のウエディングドレスが見えると言われてしまう。
桜は、それが親友の美和子のことだと察し、キイナ菅野美穂)らと美和子の自宅を尋ねる。
桜が察したとおり美和子は死亡していた。
美和子の死因は、毒物による中毒死と検証の結果判明する。
桜は結婚式を目前に美和子が自殺するはずがないと主張する。
そして捜査が進み、美和子の死亡推定時刻の直前に美和子の部屋から男が出て行くのを隣人が目撃していたことが判明する。
その男はなんと美和子の婚約者、須藤啓介(前川泰之)だった。
雅は、須藤に任意同行を求め事情聴取することにした。
そんな中、麗香は殺人を予言したことでマスコミを騒がしていた。
キイナ菅野美穂)も麗香が美和子の死を予言したことを不審に思っていた!・・・
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。